INTERVIEW

インタビュー

広告事業本部 第二広告事業部 ビジネスユニット1部

梶本 美香

情熱を注げる仕事を求め
異業種だった世界へ

Q.入社のきっかけを教えてください

観光系の専門学校を卒業後、ホテルに就職。フロントとベル業務を担当する中で、営業部に出入りしていた広告関係の方をよく目にしていました。いつも忙しそうな様子でしたが、その分、充実感に溢れている印象で、いつしか私も「あれだけ情熱を注げる広告の仕事に就きたい」と思うようになり、弊社に転職しました。入社当初は、何から何までまったくの初めてのことばかり。新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、WEB、映像など、ありとあらゆる広告に関するルールを先輩から学ぶ中で、本当にすべてを覚えられるんだろうかと不安で一杯でした。また、華やかな世界だとばかり思っていたのですが、地道な作業が多いことにも驚きましたね(笑)。今にして思えば、そうした丁寧な作業を大切にしているから、あれだけ大きなプロジェクトも滞りなく成功させられるんだと気付きました。

 

人々の心を打つ広告は、
細部の仕事に宿る

Q.仕事で、大切にしていることを教えてください。

実務として比重が大きいのは、制作の進行管理です。制作がスケジュール通りに進んでいるのかを確認しながら、写真などの素材データを期日までに取り寄せる作業などを担当しています。そうした業務の中では、広告に掲載されている内容に間違いないかを確認する文字校正と、外部の制作スタッフとの連絡を取り合うときの言葉遣いに配慮をしています。全体のプロジェクトから見れば、小さなことだと思われがちですが、ちょっとした文字の間違いや、制作スタッフとの言葉の行き違いが引き金となり、大きなミスにつながってしまう。同時に、細部にこだわることは提案する広告の良し悪しにも直結していると感じているので、細かい部分こそ丁寧に取り組むようにしています。

若手の声を重要視する職場で
大きな成長を期待できる

Q.入社後、どんなところが最も成長できたと感じますか?

入社当初は、歴史が長い会社ということもありキャリアが豊富な先輩の中で、しっかりと自分の意見を持って仕事ができるかという不安がありました。実際に仕事がスタートすると、先輩との壁はまったくなく、逆に若手である私たちの意見を尊重する環境に何度も助けられました。しっかりと自分の意見を聞いた上で、明確なサポートをしてくださる安心感や、良いアイデアであれば採用してくれる場面も多く、それが仕事のやり甲斐にもつながっていきます。その中で、まわりの意見に流されるのではなく、自らの意見を持つ大切さを学ぶことができました。以来、どんな仕事に関わるときにも、「自分はどうしたいのか」という考えを備える習慣が身に付きました。その力は広告のプロモーションプランを作るときに、とても役立っています。

多様な個性と触れ合いながら
独自の魅力を追求していく

Q.求職者のみなさまにメッセージをお願いできますか?

弊社の一番の魅力は、個性ある先輩が多いことです。コミュニケーション能力に長けている方をはじめ、プレゼンが上手な方もいれば、驚くような発想力やアイデアを提案する方もいます。それだけ多様な個性を持った先輩が多いということは、自分に合った手本となる先輩との出会いも多いということです。その中で、自身の個性に磨きをかけ、独自の魅力を追求できる。その力が、自身の夢や目標を達成するための足がかりとなり、会社を浮上躍進させる大きな原動力にもつながっていくはずです。広告というフィールドで、固定概念に囚われることなく新たな価値や魅力を創出したいという情熱ある方々と出会い、互いに高め合いながら成長したいと思っています。ぜひ、私たちと一緒にさらなる高みを目指していきましょう!