INTERVIEW

インタビュー

広告事業本部 第二広告事業部 ビジネスユニット1部 ユニット長

石谷 泰洋

理想を胸に飛び込んだ
憧れだった広告業界

Q.入社したきっかけを教えてください。

以前は、傘の卸をする企業に勤めていました。その仕事にはやり甲斐や面白さを感じていたのですが、別の業界にも挑戦してみたいという気持ちを抱くようになり、真っ先に頭に浮かんだのが広告業界でした。父親が広告関係の仕事をしていたので、幼い頃から「華やかな世界なんだろうな」という漠然とした憧れもあったので、思い切って転職を決意。いくつかの広告代理店などを見る中で、どれだけ時代が変化しても社会に求められる不動産の広告を中心に扱っているため、安定した環境の中で自身も大きく成長させられると思い、入社することを決めました。広告業界について何の素養も知識も無かったので、ゼロからがんばろうと強く誓ったことを今でも覚えています。

技や術に固執することなく、
広告の価値を見つめ続けること

Q.この仕事で大切にされていることは何ですか?

一口に営業職の仕事を説明すると、お客様と入念なヒアリングを重ね、課題を探し、それを解消するための広告プランをご提案することです。ご要望を的確に把握するヒアリング力と、そのご要望をベースに外部の制作チームに明確な表現やメッセージの方向性を示すディレクションの力も求められます。その中で、より良い広告を作りたいという思いが先走り、表現やプランに固執してしまうことが多々あります。広告に慣れ親しんだ制作者である私たちと、お客様である不動産会社様が納得する広告が完成したとしても、果たしてエンドユーザー様には伝わるのだろうか。仕事に向き合うときには、必ずその視点を見失わないように心掛けています。それこそが、私たち広告に携わる者としての使命であり、広告本来の価値だと思っています。

チームの中で磨かれる、
心を動かすクリエイティブ

Q.この仕事の魅力を、どこに感じますか?

ひとつのプロジェクトを動かす際には、自分ひとりで考え抜く時間も大切ですが、立ち止まったときに相談に乗ってくれる心強い上司と、しっかりとサポートをしてくれる同僚や後輩の存在によってどんどん成長を遂げられます。例えば、大型の競合コンペに参加したときのこと。他社とは違う価値を打ち出すため、連日連夜、社内や外部の制作チームとミーティングを重ねていきました。多様な視点からアイデアを持ち寄る中で、建物をどう魅力的に見せるかではなく、ターゲットに新たなライフスタイルを感じていただくプランに辿り着きました。従来とは違う、このアイデアは大いに評価され、無事にコンペを勝ち取ることができたのです。大きなプロジェクトを勝ち取るために、チームと共に成長できるのが、何よりの魅力ですね。

伝統と革新が同居する
恵まれた環境で成長できる

Q.求職者のみなさまにメッセージをお願いできますか?

ユニット長という立場を担っているため、若手の育成にも力を注いでいます。私自身がそうであったように成長に必要なものは、貪欲に学ぶ姿勢と個性を発揮できる環境だと感じています。幸い弊社には、50年という歴史の中で培ったノウハウを受け継ぐベテランと、若手の社員がバランス良く働いています。この2つの世代が立場や年齢に関係なく、自由闊達に交流しながら仕事を進める環境があります。だからこそ、積極的に学びたいという意欲があれば、先輩が手厚くサポートをしてくれる。また、若い世代が多いため、自らの個性を発揮しやすく自分にしかできない仕事も手掛けられる。そうした環境の中で、次の時代でも求められる仕事について一緒に考え、行動し、創造していく仲間と出会えることを楽しみにしています。